対象者について


乳幼児の時の集団B型肝炎予防接種で、注射針の使い回しによってB型肝炎に感染した人は、B型肝炎の給付金請求訴訟を起こすことで国から給付金を受け取ることができます。対象となるのは、一時感染者と二次感染者です。ただし対象者であることを証明しないと、給付金を受け取ることはできないのです。一時感染者と二次感染者であることを証明するには、いくつかの書類が必要です。

母子感染一時感染者の場合は、B型肝炎に持続感染していること、乳幼児の時に集団予防接種を受けたこと、母子感染ではないこと、予防接種以外に感染する原因がないこと、B型肝炎に感染していることを証明する診断書が必要です。

二次感染者の場合は、母親がB型肝炎に持続感染していること、母親が乳幼児の時に集団予防接種を受けていたこと、母親が母子感染ではないこと、集団予防接種以外の原因がないこと、母子感染であること、自身が二次感染者であるという診断書で証明しなければいけません

これらの書類がそろえば、B型肝炎の給付金請求訴訟により給付金が受け取れますが、一般人がこれを揃えるのは非常に難しいため、弁護士などの専門家に依頼することになります。給付金制度の対象者であっても、それを証明しなければいけません。